やすべえです。金融リテラシーに関する本の紹介、第5回は『しあわせ持ちになれる「お金、仕事、投資、生き方」の授業』という本です。小学校高学年くらいから大人まで、大変学びになる本です。

著者は岡本和久さん。証券アナリスト・ストラテジストを務めた後に、バークレイズ・グローバル・インベスターズの日本法人を設立、社長として長年ご活躍され、2005年、投資教育会社「IーOウェルスアドバイザーズ」を設立し、講演や教育活動でご活躍されていらっしゃいます。金融教育の第一人者です。

 

目次は、第1章「お金ってなんだろう」、第2章「働くということ」、第3章「ハッピー・マネー四分法」、第4章「もっと知りたいお金のこと」、第5章「もっと知りたい経済のこと」、第6章「もっと知りたい投資のこと」、第7章「お金と付き合うときの注意」、第8章「学生時代をどう過ごすか」、第9章「しあわせ持ちを目指そう」、第10章「保護者の方へのメッセージ」となっています。

第1章から第3章までは中学生以上で学ぶ漢字にふりがなをふってあるので、小学生でも読めるようになっています。第4章から第7章までは金融の知識をわかりやすく話しかけるように書かれています。第8章は岡本さんの学生への熱い思いが語られ、第9章は総括として「しあわせ持ち」の概念を説明します。第10章は大人へのメッセージですが、投資教育の効用や素晴らしさを感じることができます。

 

私は、岡本さんに初めてお会いした時、大変感動した事を覚えています。金融教育への情熱に溢れ、発する一言一言が真言で徳があり、お別れしてから、お会いできて良かったと何度も思い返しました。それから、またお会いしてお話を伺いたいとお願いをして、幾度か時間を作ってくださいました。岡本さんは、私の金融教育の師匠であります。

師匠の直伝で、お子様から保護者の方まで楽しんでいただける金融教育の紙芝居を教えていただきました。やすべえ独自のコンテンツと共に、みなさまにお伝えしていきたいと思っておりますので、イベントやセミナーなどのご依頼、お待ちしております♪